お知らせ

国内全キャリアに対応したSIMフリースマートフォン、 モトローラ「Moto G5s」の取り扱いを開始

シネックスインフォテック株式会社(本社:東京 代表取締役社長 & CEO:ティージェイ・トロージャン、以下「シネックスインフォテック」)は、モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長 ダニー・アダモポウロス、以下「モトローラ」)の新製品SIMフリースマートフォン、「Moto G5s」の取り扱いを開始いたします。 Moto G5sは、第5世代Moto Gファミリーとして登場した「Moto G5」の後継機種の位置づけで、プレミアムな機能を備えながらもお求めやすい価格を実現するという特徴はそのままに、筐体デザインや画面サイズ、カメラ機能、バッテリー容量など、ユーザーのスマートフォン体験をさらに向上させる機能強化を図っています。また、多数の通信バンドに対応したことで、現時点で日本国内全ての通信キャリアでご使用いただけます。 ボディには、デザイン性と耐久性を兼ね備えたオールメタルのユニボディーデザインを採用。終日安心してご使用いただけるよう、終日駆動可能(注1)な3,000mAhの大容量バッテリーを搭載するほか、わずか15分で最長5時間の駆動(注1)が可能なTurbo Power™充電器も同梱されています。メインカメラは1,600万画素に強化され、高速オートフォーカスのPDAF(像面位相差オートフォーカス)を採用しています。フロントカメラには新たにLEDフラッシュを搭載し、昼夜を問わず撮影を楽しめます。 拡充が進むスマートデバイスをモバイル・ソリューションの中核に位置づけるシネックスインフォテックは、MVNO(仮想移動体通信事業者)、ECサイト、付加価値再販業者を通じて「Moto G5s」の販売を加速していきます。また、法人市場への新しいワーキングスタイル提案として、新たなソリューションの拡充が可能となることから、付加価値再販業者(VAR)を通じた販売も強化していきます。

Moto G5sの主な機能

●デザイン性と耐久性を兼ね備えたオールメタルのユニボディーデザインを採用 ●1.4GHzオクタコアプロセッサー搭載 ●高精細な5.2インチのフルHD IPS液晶、耐久性に優れたゴリラガラスを採用 ●メインカメラは1,600万画素に強化。高速オートフォーカスのPDAF(像面位相差オートフォーカス)を採用 ●フロントカメラは500万画素で、新たに暗い場所での撮影を楽しめるLEDライトが搭載 ●終日駆動可能(注1)なバッテリー容量3,000mAh ●約15分の充電で最長5時間の駆動(注1)が可能なTurbo Power™充電器を同梱 ●フルHD動画録画(フレームレート:30) ●デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応 ●国内の全通信キャリアに対応(2017年10月現在) (注1)電池は劣化するため記載した電池能力は、新品同様でのパフォーマンスとなります。バッテリー駆動時間は概算であり、使用時間と待受時間の両方を含む標準的な使用プロファイルに基づいています。

Moto G5s に関する情報および製品仕様

販売時期

2017年10月19日よりMVNO各社および、ECサイト、付加価値再販業者を通じて予約販売を開始し、10月20日より順次発売予定です。

本件に関するお問い合わせ
〒135-8559
東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F
シネックスインフォテック株式会社 マーケティング部門
E-mail:pr@synnexinfotec.co.jp
TEL:03-5665-8533 / FAX:03-5665-8523
  • ※各社の社名・製品名は各社の商標です。

ICT Conference2018

ページトップ