fbpx

お知らせ

モトローラ・モビリティ・ジャパン製の新製品、 SIMフリースマートフォン「Moto Z / Moto Z Play」を取り扱い開始 専用アクセサリー「Moto Mods」でさまざまなデバイスとして使用可能

2016年09月27日
シネックスインフォテック株式会社

シネックスインフォテック株式会社(本社:東京 代表取締役社長 & CEO:松本芳武、以下「シネックスインフォテック」)は、モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長 ダニー・アダモポーラス)の、専用アクセサリーを装着することでさまざまなデバイスとして使用可能なスマートフォン「Moto Z」と「Moto Z Play」、および専用アクセサリー「Moto Mods」の取り扱いを開始し、2016年9月27日より予約販売を開始いたします。

プレミアムスマートフォンMoto Z / Moto Z Play

「Moto Z」は、最薄部5.2mm、オールメタルの筐体、5.5インチ高解像度QHDディスプレイを搭載したプレミアムスマートフォン。光学式手振れ補正、レーザーオートフォーカス搭載により、光量の少ない環境でも鮮明な写真撮影が可能なローライトカメラを採用したモトローラ・フラッグシップモデルです。
「Moto Z Play」は、レーザーオートフォーカスと像面位相差オートフォーカス(PDAF)を搭載した16メガピクセルカメラで昼も夜も美しく、くっきりした写真撮影が可能。また、5.5インチの高解像度FHDスーパーAMOLESディスプレイを採用、大容量バッテリーを搭載し、動画やゲームも存分に楽しめます。
また、「Moto Z」、「Moto Z Play」ともに、指紋認証によるセキュリティと迅速なロック解除、急速充電が可能なTurbo Power™、同時待ち受けが可能なDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しています。

Moto Mods™でトランスフォーム(変進)

スマートフォンがプロジェクター、オーディオ、モバイルバッテリー、光学ズームつきデジタルカメラなど、スタイルや機能を持つデバイスに早変わり。

「Moto Mods」は、今回発売されるスマートフォン「Moto Z」、「Moto Z Play」に対応した専用アクセサリーです。「Moto Mods」を装着することにより、スマートフォンが映画鑑賞用プロジェクター、大勢で楽しめるオーディオ、スマートに充電できるバッテリー、光学ズーム付きデジタルカメラなど多彩な機能をもつデバイスにトランスフォーム(変進)します。

拡充が進むスマートデバイスをモバイル・ソリューションの中核に位置づけるシネックスインフォテックは、MVNO(仮想移動体通信事業者)、ECサイト、家電量販店を通じて「Moto Z」、「Moto Z Play」の販売を加速していきます。 また、法人市場への新しいワーキングスタイル提案として、新たなソリューションの拡充が可能となることから、付加価値再販業者(VAR)を通じた販売も強化していきます 。

Moto Z / Moto Z Play 製品仕様

 Moto ZMoto Z Play
型番AP3786AE7J4(ブラック) AP3786AD1J4(ホワイト)AP3787AE7J4(ブラック) AP3787AD1J4(ホワイト
プラットフォームAndroid™6.0Android™6.0
プロセッサー名Qualcomm Snapdragon 820 (MSM8996 Lite)1.8GHz デュアルコア + 1.36GHzデュアルコア CPU 
Adreno 530 ,510 MHz GPU
Qualcomm Snapdragon 625 (MSM8953)
2.0 GHz オクタコア CPU
Adreno 506, 650MHz GPU
メモリ(RAM/ROM)4GB / 64GB3GB / 32GB
外部メディア規格microSDmicroSD
外部メディア最大容量128GB128GB
液晶ディスプレイ5.5インチ/1440×2560(QHD) 、
スーパーAMOLED、
CORNING® GORILLA® GLASS
5.5インチ/1080×1920(FHD) 、
AMOLED
CORNING® GORILLA® GLASS
カメラ(アウト/イン)1,300万画素 / 500万画素(広角86°)1,600万画素 / 500万画素(広角85.4°)
通信方式(LTE)B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B19 / B20 / B25 / B28 
TDLTE:  B38 / B40 / B41
B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / 
B17 / B19 / B20 / B28 
TDLTE:  B38 / B40 / B41
通信方式(W-CDMA)B1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B19 (B6含む)B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
通信方式(GSM)850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz
Wi-Fi802.11a/b/g/n /ac (2.4GHz/5GHz)802.11a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)
BluetoothBluetooth® 4.2Bluetooth® 4.0 LE+EDR
インターフェイスUSB Type-C / microSDカードスロットUSB Type-C / microSDカードスロット / 
イヤホンマイクジャック
SIMカードnanoSIM
デュアルSIMスロット(microSD共用)
(両スロットLTEサポート/DSDS)
nanoSIM
デュアルSIMスロット
(両スロットLTEサポート/DSDS)
バッテリー容量2,600mAh TurboPower™3,510mAh TurboPower™
センサー指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、コンパス、近接センサー、ホール効果センサー、環境照明センサー、センサーHub指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、コンパス、近接センサー、ホール効果センサー、環境照明センサー、センサーHub
サイズ約155mm x 75.3mm x 5.2mm(最薄部)約156.4mm x 76.4mm x 6.99mm(最薄部)
質量約134g約165g

※製品仕様は事前の告知なく変更になる場合があります。
※変進:変化し進化することから造語です。

Moto Mods 製品仕様

 JBL スピーカー(Moto Mods)
サイズ152×73×13mm
重量115g
スピーカー数直径27mmスピーカー×2、ステレオ
スピーカー出力3W×2、合計6W
周波数範囲200Hz~20kHz
音量レベル80dBSPL(0.5m位置)
スピーカーフォン
内蔵バッテリー
内蔵バッテリー容量1,000mAh
最大連続使用時間10時間
外部充電端子USB Type-C
充電レート1A、5W

 

 プロジェクター(Moto Mods)
サイズ153×74×11mm
重量125g
解像度854×480×WVGA(480p)
プロジェクター方式5DLP
輝度50ルーメン
コントラスト比400:1
投影比1.2
投影サイズ最大70インチ(対角線
アスペクト比16:9
ランプ寿命10,000時間
バッテリー容量1,100mAh
最大連続使用時間1時間

 

 トゥルーズームカメラ(Moto Mods)
サイズ152.3×72.9×9.0-15.1mm
重量145g
センサー解像度12MP
動画解像度1080p Full HD at 30fps
マイク数2
センサー種類BSI CMOS
センサーサイズ1/2.3-inch
ピクセルサイズ1.55um
絞りf3.5-6.5
ズーム10× optical
焦点距離4.5-45mm(35mm換算25mm-250mm)
マクロ5cm @1×-1.5m @10×
フラッシュキセノンフラッシュ
フラッシュモード自動、オン、オフ
手ぶれ補正画像:OIS、映像:EIS
ISO感度自動、100,200,400,800,1600,3200
撮影モード写真、パノラマ、動画、プロフェッショナルモード、夜景、夜間ポートレート、スポーツ、日中風景、バックライトポートレート
プロフェッショナルモードフォーカス、ホワイトバランス、f-ストップ、ISO、露出
ホワイトバランス自動、白熱灯、蛍光灯、晴天、曇天
赤目軽減自動
保存フォーマット

写真:JPG、DNG(RAW)
動画:MPEG4

ストレージ携帯電話のストレージを使用
バッテリー時間携帯電話に依存
接続性携帯電話の接続を使用:4G/LTE、Wi-Fi
GPS携帯電話の位置情報を利用
携帯用ケース付属

 

 Incipioバッテリー/WLCBattery(Moto Mods)
サイズ152.7×73.5×6.2mm
重量79g /85g(非接触充電方式)
バッテリー容量2,220mAh
連続駆動時間最大22時間
充電レートバッテリーの残容量により、4-6W
携帯端末経由の充電レート2.2A、11W
非接触充電方式Qi 1.2.1、PMA3.0”
非接触充電レート5W

販売時期

2016年9月27日より予約販売を開始し、10月中旬以降MVNO、ECサイト、家電量販店、付加価値再販業者を通じ、販売を行います。 
詳細は下記の問い合わせ先までご連絡ください。

本件に関するお問い合わせ
〒135-8559
東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F
シネックスインフォテック株式会社 マーケティング部門
E-mail:pr@synnexinfotec.co.jp
TEL:03-5665-8533 / FAX:03-5665-8523
  • ※各社の社名・製品名は各社の商標です。

ECNexとは

ページトップ