お知らせ

指紋認証搭載のSIMフリースマートフォン、 モトローラ「Moto G4 Plus」の取り扱いを開始

2016年7月13日
シネックスインフォテック株式会社

シネックスインフォテック株式会社(本社:東京 代表取締役社長 & CEO:松本芳武、以下「シネックスインフォテック」)は、モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長 ダニー・アダモポーロス、以下、「モトローラ」)の新製品SIMフリースマートフォン、「Moto G4 Plus」の取り扱いを開始いたします。

Moto G4 Plus

モトローラは、グローバルでベストセラーとなっているMoto Gシリーズの新製品として、「Moto G4 Plus」を発表いたしました。2種類のフォーカス技術を搭載した16メガピクセルカメラ、指紋認証によるセキュリティと迅速なロック解除、急速充電を可能とするターボパワー充電などユーザの必要と感じる機能を搭載することで、ご要望にお応えします。

拡充が進むスマートデバイスをモバイル・ソリューションの中核に位置づけるシネックスインフォテックは、MVNO(仮想移動体通信事業者)、ECサイト、付加価値再販業者を通じて「Moto G4 Plus」 の販売を加速していきます。 また、法人市場への新しいワーキングスタイル提案として、新たなソリューションの拡充が可能となることから、付加価値再販業者(VAR)を通じた販売も強化していきます。

主な機能

  • レーザーフォーカスを備えた16メガピクセルカメラ
    2種類の最新オートフォーカス機能で昼夜を問わず鮮明な写真を撮影可能
  • TurboPower™ 充電
    約15分の充電時間で最長6時間の駆動を実現
  • 指紋認証による迅速なロック解除
    パスコードとして指紋を使用することによりワンタッチでスマートフォンのロックを解除
  • 高速オクタコアプロセッサ
    いくつかのアプリを同時に実行しても快適に使用できる
  • ピュアAndroid™エクスペリエンス
    シンプルな純正Android™を走らせることでパフォーマンスが向上
  • DSDS
    デュアルSIMデュアルスタンバイが可能

Moto G4 Plus に関する情報および製品仕様

型番AP3753AE7J4(ブラック)/AP3753AD1J4(ホワイト)
プラットフォームAndroid™6.0.1
プロセッサー名QualcommR Snapdragon™ 617 (MSM8952) 1.5 GHz オクタコア CPU 
Adreno 405 ,550 MHz GPU
メモリ(RAM/ROM)3GB / 32GB
外部メディア規格microSD
外部メディア最大容量128GB
液晶ディスプレイ5.5インチ/1920×1080(Full-HD) ,401ppi CORNINGR GORILLAR GLASS 3
カメラ(アウト/イン)1,600万画素 / 500万画素
通信方式(LTE)B1(2100) / B3(1800) / B5(850) / B7(2600) / B8(900) / B19(850) / B20(800) / B28(700) / TDLTE B40
通信方式(W-CDMA)B1(2100) / B2(1900) / B5(850) / B8(900) / B19(800)
通信方式(GSM)850, 900, 1800, 1900
Wi-Fi802.11a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)
BluetoothBluetoothR 4.0LE+EDR
インターフェースmicroUSB / microSDカードスロット / イヤホンマイクジャック
SIMカードmicroSIM(同梱のメーカー純正SIMアダプタによりnanoSIMも利用可能) 
デュアルSIMスロット(両スロットLTEサポート/DSDS)
バッテリー容量3,000mAh TurboPower™
センサー指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、環境光センサー、近接センサー、センサーHub
サイズ約152.9mm x 76.5mm x 7.87mm(カメラ部:9.78mm)
質量約157g

販売時期

2016年7月13日より、MVNO各社および、ECサイト、付加価値再販業者を通じ、予約販売を開始し、 
7月下旬以降発売予定です。

本件に関するお問い合わせ
〒135-8559
東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F
シネックスインフォテック株式会社 マーケティング部門
E-mail:pr@synnexinfotec.co.jp
TEL:03-5665-8533 / FAX:03-5665-8523
  • ※各社の社名・製品名は各社の商標です。

ECNexとは

ページトップ