お知らせ

年頭のご挨拶

2015年1月1日

お取引先様各位

新春のお慶びを申し上げます。
昨年は、Windows XPマイグレーションの加速からPC市場などが活況を呈し、その後の消費税増税で個人消費の冷え込み、さらに急激な円安と市場が大きく変化した年でした。シネックスインフォテックとしては、第3のプラットフォームと呼ばれるモビリティ、クラウド、ビッグデータと解析等の成長市場への注力を進め、また、地域の販売店様の会員組織であるVarnex Japanの活動を強化するなど、次の成長へつながる取り組みを進めた一年でした。その結果、20%を超える成長を実現することができました。
他社に先駆け手掛けてまいりました、モビリティ市場におけるSIMロックフリー端末の展開は、市場で大きく認知され多くの企業が参入されています。またクラウドにおいても自社での活用体験を基に積極的に進めてまいりましたが、こちらも市場の認知が進み次の段階に移ったと言えます。また米国で始まった大型データセンターでのオープン化の波が日本へ進出した海外大手データセンターにも波及し、弊社でもまとまった数字を残し始めています。

本年シネックスインフォテックでは、首都圏の販売店様への提案はもちろんのこと、地域の販売店様にもより多くの提案ができるよう営業体制を強化してまいります。そして従前のクライアントとサーバーの市場でのビジネスの進捗に加え、この第3のプラットフォーム市場に対して更に注力していきます。モビリティとそれを支えるネットワーク市場、データセンター市場においてもITサプライチェーンの効率化に加え、より付加価値を高めたソリューションやサービスの提供で、お客様のビジネスに貢献していきたいと考えております。
IT先進国である米国経済がその強さを取り戻しつつあり、米国本社でも更なる成長が期待される第3のプラットフォームへの投資を積極的に行うことで、大きく業績を伸ばしています。

私たちにとって、米国での成功体験をいち早くご紹介し、これを活用し、日本のお客様の期待にお応えすることこそが、日本で初めての外資系ディストリビュータとしての役割であり、日本経済に貢献できる点ではないかと考えております。 そして、お取引先様、ベンダー様と新たな市場の開拓や市場の拡大を通じて、共に成長するシネックスインフォテックでありたいと考えております。

本年も宜しくお願い申し上げます。

シネックスインフォテック株式会社
代表取締役社長&CEO 松本 芳武


ECNexとは

ページトップ