お知らせ

サンディスクのX210 SSDの販売を開始

2013年9月5日
シネックスインフォテック株式会社

シネックスインフォテック株式会社(本社:東京、代表取締役社長 & CEO:松本芳武、以下「シネックスインフォテック」)は、フラッシュメモリーストレージソリューションで世界をリードするサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)のSATAベースX210 SSD (ソリッドステートドライブ)の販売を9月12日より開始致します。クラウド化で伸長する法人向けデータセンター・サーバー市場では、SSDの性能向上と、消費電力削減の市場ニーズの高まりから、SSDの活用に注目が集まっています。シネックスインフォテックではこのような背景から、SanDisk X210 SSDを付加価値再販業者(VAR)、OEM事業者、組込システム事業者などを通じて、法人向け市場に提供します。

法人向けPC市場では、クライアントPCの高速化のため、SSDの活用が進んでいます。また企業においては、クラウドコンピューティングの導入が進みパブリック、プライベートともにクラウド市場が伸長しています。さらにサーチエンジンの高速化要求、ストリーミング利用の急速な拡大を背景に、データセンター事業者はより高速で、継続的にデータへのアクセスを可能にしながら、消費電力を削減できるSSDの活用に注目しています。シネックスインフォテックは、こうした要件に応えるサンディスクコーポレーションのX210 SSDをデータセンター事業者に向け展開を図っていきます。また、従来HDDが利用されてきたOEM市場・組込み市場においても、SSDの性能向上によりユーザからの期待が高まっており、さらなる販路の拡大を目指します。

製品の特長

SanDisk X210 SSDは19nm MLC NANDフラッシュを使用し、エントリーレベルのサーバーやデータセンターのマイクロサーバーの性能と電力効率を改善します。nCacheTMアクセラレーションテクノロジーなど、独自の高性能階層型システムアーキテクチャーを採用し、先進の電力マネージメントテクノロジーを採用することで、SanDisk X210 SSDは高い信頼性と、ブートスピード、データ転送スピードを高め、PCやNote PCユーザエクスペリエンスを向上します。 
詳しくはhttps://businesspartners.sandisk.jp/Japanese/をご覧ください。

  •   SanDiskはサンディスクコーポレーションのトレードマークであり、米国その他の国で登録されています。
    nCacheはサンディスクコーポレーションのトレードマークです。

「SYNNEX IT Conference 2013 TOKYO」にて、SanDisk X210 SSDを展示

9月12日に開催する販売店向けのイベント「SYNNEX IT Conference 2013 TOKYO」にてSanDisk X210 SSDを展示いたします。会場では、実際にお試しいただけます。
SYNNEX IT Conference 2013 TOKYOについての詳細は (http://www.event-info.com/synnexitc2013/) をご覧ください。

本件に関するお問い合わせ
〒135-8559
東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F
シネックスインフォテック株式会社 マーケティング部門
E-mail:pr@synnexinfotec.co.jp
TEL:03-5665-8533 / FAX:03-5665-8523
  • ※各社の社名・製品名は各社の商標です。

ECNexとは

ページトップ