fbpx

Opengearと販売代理店契約を締結

シネックスインフォテック株式会社(本社:東京、代表取締役社長 & CEO:ティージェイ・トロージャン、以下「シネックスインフォテック」)は、Opengear(本社:米国 ニュージャージー州、 CEOGary Marks、以下「オープンギア」)と販売代理店契約を締結し、新たにオープンギアの全製品の取り扱いを7月より開始いたします。

オープンギアは、主にはデータセンター、小売業者、通信事業者、保守運用サービス提供者、エネルギー公共事業者を対象に、次世代インテリジェントソリューションを提供しています。同社製品は、Slotにカードをさすことにより、携帯回線を使ってリモートでの作業を可能にします。主要製品は、4G/LTEセルラー対応コンソールサーバーです。

今回の発表に伴い、オープンギアのAsia Pacific Sales DirectorBrendan Walsh様よりコメントを頂いております。「シネックスインフォテックはオープンギアの日本市場での成功の礎になります。あらたに、技術基準適合証明を受けた4G/LTEセルラー対応のLMPモデルの投入により、日本市場においても有線ネットワーク、Wi-Fi環境に加え、4G環境においての利用が可能になりました。これにより、米国SYNNEX Corporationにより米国、カナダで展開している、オープンギアの安全で耐障害性に優れたITインフラ運用管理ソリューションを、日本の販売店の皆様に提供できることを喜ばしく思います。」

シネックスインフォテックのプロダクトマネジメント部門 常務執行役員部門長である神山昌樹は「シネックスインフォテックは、オープンギアとのビジネスを米国本社と同様に日本でもスタートできることを喜ばしく思います。2024年のISDNサービス終了に向けて、リモート監視、運用システムの更改への需要が高まることが予想されています。オープンギアの優れたソリューションを活用することで、販売パートナーの皆様が更なる付加価値ソリューションの開発とサービスの向上を実現されるよう活動していきたいと考えます。」と述べております。

 

オープンギアに関して

オープンギアは、ネットワーク障害の際にも、安全で耐障害性に優れ、自動的にITインフラにアクセスするソリューションを提供しています。革新的なソフトウエア及び装置を通して、ネットワーク機器をプロビジョニング、設定の自動化、遠隔操作をすることにより、技術スタッフが安心して、効果的にデータセンターを管理し、遠隔でネットワークセンターを管理することが可能になります。当社の一連のソシューションは会計、デジタルコミュニケーション、小売、製造業に渡るグローバル企業から信頼されています。ニュージャージー州に本社を構え、ユタ州に生産設備、オーストラリアとシリコンバレーに研究開発オペレーションチームを構えています。ホームページ: https://opengear.com/

 

シネックスインフォテック株式会社に関して

シネックスインフォテック株式会社は、米国にて1980年に創立され2017年度には連結売上高170億ドルを計上し、全世界26ヵ国で110,000人以上の従業員が勤務する、IT製品を中心としたディストリビューション・ビジネスプロセスサービスを提供するSYNNEX Corporationの日本法人です。国内で最初の外資系ITディストリビュータとしてITのトレンドをいち早く取込み「新しい商材で新しいビジネスを切り開く」という販売店の皆様の課題解決に貢献いたします。

 

お問い合わせ先

135-8559 東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F

シネックスインフォテック株式会社

デジタルトランスフォーメーション&マーケティング部門 マーケティング本部
e-mail :
 pr@synnexinfotec.co.jp  

TEL: 03-5665-8511 / FAX: 03-5665-8523

 

※各社の社名・製品名は各社の商標です。


ECNexとは

ページトップ