印刷する

先進のカメラ機能とスタイリッシュなデザインの
ハイエンドSIMフリースマートフォン、モトローラ「Moto X4」、
Moto Zファミリー専用の拡張モジュール「Moto Mods™」の
新製品2機種の取り扱いを開始

2017年10月26日

シネックスインフォテック株式会社(本社:東京 代表取締役社長 & CEO:ティージェイ・トロージャン、以下「シネックスインフォテック」)は、モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長 ダニー・アダモポウロス、以下「モトローラ」)の新製品SIMフリースマートフォン、「Moto X4」、ならびにMoto Zファミリー専用の拡張モジュールであるMoto Mods™の新製品「Moto 360カメラ」および「Moto ゲームパッド」の取り扱いを開始いたします。

Moto X4は、モトローラのハイエンドシリーズである「Moto Xファミリー」の第4世代モデルの位置づけで、先進のカメラ機能、最高のユーザー体験を実現するパフォーマンスとソフトウェアを、高い保護機能を備えたスタイリッシュな筐体で仕上げた機種です。日本国内全ての通信キャリアでご使用いただけます。
筐体背面に美しく配置されたメインカメラは、1,200万画素と800万画素のデュアルカメラを搭載。ソフトウェアと組み合わさることで、撮影後に背景をぼかしたり、選択した箇所をモノクロで表示させたりなど、写真を様々に楽しむことができます。フロントカメラにも高解像度な1,600万画素カメラを搭載。「アダプティブ低光量モード」により、暗所でも高品質な撮影が可能です。IP68相当の防水機能※を備えたガラスとメタルの組み合わせによるスタイリッシュな筐体に、3,000mAhの大容量バッテリーを搭載することで、場所を問わず、終日安心してご使用いただけます。

拡充が進むスマートデバイスをモバイル・ソリューションの中核に位置づけるシネックスインフォテックは、MVNO(仮想移動体通信事業者)、ECサイト、付加価値再販業者を通じて「Moto X4」、「Moto Mods™」 の販売を加速していきます。また、法人市場への新しいワーキングスタイル提案として、新たなソリューションの拡充が可能となることから、付加価値再販業者(VAR)を通じた販売も強化していきます


Moto X4の主な機能

●ガラスとメタルの組み合わせによるスタイリッシュなデザイン。IP68相当の防水機能※を搭載
●高性能な2.2GHzオクタコアプロセッサー搭載。外部ストレージは最大2TBまで拡張可能
●高コントラスト比で色再現性に優れた5.2インチのフルHD IPS液晶、耐久性に優れたCORNING® GORILLA® GLASSを採用
●デュアルピクセルオートフォーカス技術を備えた1,200万画素カメラと広角120°の800万画素カメラをメインカメラに採用。「セレクティブ・フォーカス」など、ソフトウェアによる新しい写真加工モードを搭載。また、日常生活に役立つランドマークや物体認識も搭載
●フロントカメラは、アダプティブ低光量モード付1,600万画素カメラを搭載。光量が少ない場合でも標準のカメラよりも3倍以上明るく、最適な光量で自撮りが可能。また、友人との撮影がさらに楽しめる「パノラマモード」など、多数の機能が充実。
●ヘッドフォンやスピーカーなど、Bluetooth®搭載オーディオデバイスと最大4台まで同時接続が可能
●スマートフォンやPCで閲覧しているウェブサイトのパスワード認証を指紋センサーで代替可能な「Moto Key」機能など、ソフトウェアとセンサーを組み合わせ、より直感的にユーザーの端末動作をアシストする最新の「Motoエクスペリエンス」を搭載
●終日駆動可能(注1)なバッテリー容量3,000mAh
●約15分の充電で最長8時間の駆動(注1)が可能な15W Turbo Power™充電器を同梱
●4KウルトラHD動画録画(フレームレート:30fps)
●デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応
●国内の全通信キャリアに対応(2017年10月現在)

※液体による損傷は保証の対象とはなりません。管理された実験条件下で、IP68規格による耐水性、防沫性、および防塵性のテストを受けていますが、通常使用に伴う摩耗により、耐性は低下します。水中での使用には対応していません。高圧の水や真水以外の液体にさらしたり、濡れたスマートフォンを充電したりしないでください。



New Moto Mods™

モトローラのフラッグシップスマートフォン「Moto Zファミリー」は、本体の背面に様々な拡張モジュールMoto Mods™を着脱できる機能を備えています。今回、Moto Mods™追加モデルとして「Moto ゲームパッド」および「Moto 360カメラ」を発売します。


Moto ゲームパッド

Moto ゲームパッドは、2つのコントローラスティックや十字キーなどの物理的なボタンを備え、スマートフォンでゲームをより快適且つ集中して楽しむことが可能です。1,035mAhのバッテリーが内蔵されているので、スマートフォン本体の充電を使わず、充電無しで最長8時間(注1)の連続使用が可能です。


Moto 360カメラ

Moto 360カメラの装着により、4Kでの360°動画撮影および静止画撮影が可能です。スマートフォンにインストールした専用のソフトウェアを使用することで、撮影直後にお好みの編集が可能なほか、ソーシャルメディア上でのライブストリーミング配信にも対応しています。



(注1)電池は劣化するため記載した電池能力は、新品同様でのパフォーマンスとなります。バッテリー駆動時間は概算であり、使用時間と待受時間の両方を含む標準的な使用環境・状況に基づいています。



Moto X4 に関する情報および製品仕様

※1 利用可能な新しいプラットフォームへのアップデートがある場合、ホーム画面上に通知メッセージが表示されます。メッセージの指示に従い、アップデートを実行することでプラットフォームのバージョンを最新にすることができます。製品の生産時期により記載されているプラットフォームより新しいバージョンが搭載されている場合があります。
【Android アップグレード保証】
Moto X4は、Googleにより最新の既存ソフトウェアからAndroid O へのアップグレードが保証されています。アップグレードの時期については保証いたしかねます。
※2メモリの増設や交換はできません。
※3内部ストレージの増設や交換はできません。
※4システムの領域が存在するため、容量すべてがユーザーの使用可能な領域とはなりません。
※5電波法により、5GHzは屋内使用に限ります。
※6両者LTEサポート(LTEは同時に1つのSIMスロットのみ利用可能)。
※7電池は劣化します。記載した電池能力は、新品状態でのパフォーマンスとなります。バッテリー駆動時間の説明内容は概算であり、使用時間と待機時間の両方を含む標準的な使用環境・状況に基づいています。
※8モトローラまたは、モトローラ製品の認定リセラーもしくは販売代理店から購入した新品及び同梱の付属品のみを適用対象と致します。国内限定保証となります。


Moto 360カメラ に関する情報および製品仕様


Moto ゲームパッド に関する情報および製品仕様

販売時期

2017年10月26日よりMVNO各社および、ECサイト、付加価値再販業者を通じて予約販売を開始し、10月27日より順次発売予定です。


問い合わせは下記までお願いいたします。

本件に関するお問い合わせ

〒135-8559
東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F
シネックスインフォテック株式会社
マーケティング部門

E-mail:pr@synnexinfotec.co.jp   TEL:03-5665-8533 / FAX:03-5665-8523

印刷する

2017年へ


まったく新しい、検索+発注システム ECNex

ECNex

シネックスインフォテックの取り扱っている商品の検索、見積、発注ができるWEBシステムです。

HP Distributor

シネックスインフォテックは、HPとの強力なパートナーシップを活かし、ビジネスに最適なソリューションを提案いたします。

弊社取り扱い注目ブランド紹介

シネックスインフォテックが取り扱う注目ブランドをご紹介いたします。

  • プライバシーマーク
  • ISO14001

古物営業法に基づく表示 シネックスインフォテック株式会社 東京都公安委員会許可 許可番号 306630205140